ダイソーカウンター スロット

ダイソーカウンター スロット

 しかし、フロッサールとバゼーヌは元より仲が良いわけでなく、フロッサールはバゼーヌより軍歴が長かった(4年先輩)こともあって「示唆」など無視してしまうのです

 スピシュランでの戦闘が加熱すると、フロッサールは直ちにバゼーヌに対して増援を要請します

しかし、バゼーヌはスピシュランで戦う「意義」を見出せず、早期に南方へ脱出しカドンブロンヌへ向かうことを「期待」して増援を送る必要を認めませんでした

あなたも好きかも:ガルフレ スロット イベント
 そこから曖昧で要領を得ない奇妙な電信でのやり取りが、数時間に渡って繰り広げられたのです

しかしフロッサールも強硬に要求し、バゼーヌも仕方がなく「3個師団を派遣する」と回答するのでした

 ところが、バゼーヌがこの3個師団に課した任務は、前線でフロッサールの各師団を助けるのではなく、南へ後退するフロッサール軍団を「収容」してカドンブロンヌへ導き、その側面を「援護」する、というものだったのです

 フロッサールはバゼーヌの回答(午後2時前後)を受けて安心し、予備とされたバタイユ師団をほぼ全力投入してスピシュラン高地を支え、バゼーヌ軍団の登場を3時間ほどじっと耐えて待ちますが、増援は現れる気配を見せませんでした

 焦ったフロッサールは午後6時、「我が右翼(東側スピシュラン方面)は破れる危険が高まった

あなたも好きかも:リゼロ スロット 設置台数
至急増援を送られたし」 との電信を打ちます

バゼーヌも無視するわけに行かず、竜騎兵旅団1個と歩兵1個連隊を更に増援として送り出し、「我が軍団で送ることが出来る兵力は全て貴官に送り尽くした

貴官の今後の処置を報告されたい」 と電信しました

 しかしこの電信に対する回答は遂になかったのでした

 会戦の結果は後述しますが、このやり取りを見てもバゼーヌとフロッサールの「不仲」が透けて見えます

 この電信のやり取り中(最初は午前6時、最終は午後8時)フロッサールはフォルバックにいて、バゼーヌはサン=タヴォルにいました