マジェプリ スロット p-world

マジェプリ スロット p-world

「すんませぇーん! ちょい急がなあかんのですぅー!」 愛想良く返事をする一平に優樹はキョトンとした顔でパチパチと瞬きをした

 三階の男子たちは笑顔の一平を見下ろして「……ハッ」と、嫌らしく笑った

あなたも好きかも:不二子 スロット ジャックイン
「なんだよー! 奉仕屋って、ヘタれかー!?」「ビビって漏らしたかー!?」 バカにする声に、優樹はムカ! と眉をつり上げたが、一平は笑顔で彼らに手を振った

あなたも好きかも:中川 パチンコ店
「すんませんねー! ほな、ボクら行くんでー!」 笑顔で「バイバイ」と手を振り、一平は優樹の肩に手を回して彼女を押すように歩き出した

途中、地面に落ちている教科書の側を通り、優樹は「……踏んでやる!」と意気込んだが、一平に引っ張られて教科書から道筋が逸れ、適わなかった

「気を付けろよー! 奉仕屋さーん!」「そこの女子ーっ! オレが守ってやろうかー!?」「アハハハ!」 いつまでも笑い声とバカにする声が続いていた

 一平に“引っ張られ”ながら、優樹は腸煮えくり返りそうになるのを耐えていた

 耐えて、耐えて、耐えて……部室に入って爆発した

あなたも好きかも:パチンコ 死ねばいい
「うるさいうるさいうるさいうるさーいっ!」 バシバシバシバシッ! と、テーブルに置いた自分の鞄を平叩きする優樹に、先に部室にいた大介と洋一はため息を吐いた

「ナメたマネしよるな」 大介は不愉快げにテーブルに肘をついて一平を目で追った

彼は平然な顔で鞄を椅子に置き、背後の棚から買い置きのジュースを出そうとしている

「何よ何よなんなのー!! なんなのもー!!」 バシバシッ!! と、鞄を叩き続ける優樹に、洋一は「……落ち着け」と、肩の力を抜いた

「仕方ないだろ

こうなるってのは予想してたことだし」「だって!!」 優樹は険しい表情で振り返って何か文句を言おうとしたが、普段と変わらぬ様子でジュースを飲む一平を見てムスッと頬を膨らまし、ドスッと椅子に座った

「……、ムカツクっ

あの人たちっ

ホントにっ

……嫌いっ」「優樹ちゃーん

こわーい」 冗談っぽく洋一が苦笑すると優樹はギロッと彼を睨み付け、大介はそんな彼女にニヤリと笑って身を乗り出した