akb48 スロット 導入日

akb48 スロット 導入日

 いつも通り厩の前を通り過ぎ、庭の一角、いつもだいたい俺たちが陣取る場所が空いていて、そこに並ぶ

「先ほどの話は、帰ってから確認しましょう」 ハインは最後にそう言い、表情を物騒なものに切り替えた

 ……いや、異母様方にその顔は向けないでくれ……

「見えないのですから構わないではないですか」「構うよ⁉︎ お前雰囲気まで険悪になるんだから絶対それは駄目!」 小声でそんなやりとりをする俺たちの横で、サヤがクスクスと笑う

 彼女のおかげで、険悪な雰囲気は尾を引かずにすむ

ほんとサヤには助けられっぱなしだ

あなたも好きかも:ゴッデス・オブ・フォーチュンズ
 とはいえ……

 ハインが警戒を強める理由は、よく分かっている

 別館に侵入し、何かしらを調べた相手は、十中八九異母様であるだろうし、多分サヤの性別は知られてしまったと思う

 なのに、何も言ってこない……仕掛けてこない…………それが、とても不気味だった

 けど、黙っているからには、何か思惑があるのだと思う……

あえて、それを追求しない理由が……

あなたも好きかも:福岡 パチスロ
 それを考えると、心臓をぎゅっと掴まれたような不安が、身体を支配する

 とにかく、サヤは、極力一人にはしない……

ハインとは、そう話し合っていた

 一番考えられる可能性が、サヤの最も恐れることであるから、彼女を絶対に、不安にさせてはいけない

 彼女を早く、ここから離れさせたかった

 ギルにお願いしてメバックに置いてもらうことも一度、考えたのだけど……

 けれどそうすると、サヤはきっと、怒るだろうし、不安にさせてしまうから…………